当サイトへの訪問、ありがとうございます。何か参考になることがあれば嬉しいです。感謝。(^_-)-☆

エアコンの除湿運転の比較評価

エアコンの運転モードに除湿運転がありますが、
その名のとおり、部屋の湿気を取り除く運転モードですね。
 
この除湿運転には、2通りの方式があります。
 
①一般の除湿運転~弱い冷房運転で除湿に代用としているもので、
 湿気も取れますが、室温が下がってしまいます。
 
②再熱除湿運転~一般の除湿運転を改良したもので、
 室温を下げないように吹き出す空気を暖めています。
 湿気をしっかりと取り、室温を下げてしまわないので快適です。
 さらに、東芝の一部の機種では、再熱除湿運転時にも、
 0.5℃刻みで室温設定できるので、とても快適に過ごせます。
 

◆東芝エアコンEDRの再熱除湿のポイント
 
2013年5月時点では、東芝の大清快シリーズEDRが、除湿効率としてトップです。
この場合の除湿効率とは、一定時間で取れる湿気の量ではなくて、
一定の電気で計った場合、一番多くの湿気を取ることが出来るということです。
 
つまり、同じ湿気を取り除くなら、一番電気代がかからないということです。
 
その除湿能力は、普通の除湿の3倍の効率になります。
 
再熱除湿運転時にも、0.5℃刻みで室温設定できます。

«  エアコンの除湿運転の比較評価  »