当サイトへの訪問、ありがとうございます。何か参考になることがあれば嬉しいです。感謝。(^_-)-☆

エアコンを使っていないときでもエアコン近辺から水が垂れている!

エアコンを使っていないときでもエアコン近辺から水が垂れているのは何故?

雨が降っているときなどで、
エアコンを使っていないときでもエアコンの付近から水が垂れている時は・・
(エアコン 水が垂れる原因)
エアコンの室外機を室内機より上高い位置に設置している場合に発生しやすい水漏れです。

(取付け工事の際、
エアコンの配管パイプに雨が掛かった時でも
雨水が配管パイプを伝って屋内に入り込まないように、
配管パイプの傾斜を屋外に垂れるように設置していますが・・)

この配管パイプに巻かれたテープがはがれていると、
テープと配管の間に水が浸入してしまいます。
この水が、配管とテープの隙間を伝って、
本来水が垂れるはずのない部分で水が垂れてしまうということが発生するのです。

そして、さらに劣化が進むとテープだけでなくて断熱材までもが劣化し、
内部の銅管が露出してくる場合があります。

こうなってしまうと、
水漏れだけではなく効率までもが、下がってしまいます。
(エアコン 水が垂れる原因)
繰り返しになりますが、
雨が降ると、はがれたテープと配管パイプの断熱材との間、
又は内部の銅管を伝って雨が室内に侵入することがあるということです。

対処方法としては、
隙間から雨が入らないようにするために、
テープを下側から巻いていき、水の通路を遮断するといいでしょう。