当サイトへの訪問、ありがとうございます。何か参考になることがあれば嬉しいです。感謝。(^_-)-☆

省エネエアコンを比較する~APF

省エネエアコンを比較する~APF

エアコンを購入する時に、省エネ性能を比較する方がとても多いです。
家電量販店では、性能をしっかりと記載されていて比較しやすくなっていますね。

冷房性能、暖房性能、消費電力などが記載されているのは当たり前ですが、
エアコンの基本性能の一つ‥APFが記載されているのを見たことはありますか?

このAPFという数値が大きい程省エネ性能が高いということになります。
APF 5.7 とか、APF 6.3 というように表現します。

この2つの数値がどのくらいの性能差があるかというと、
(わかりやすくするために、電気ストーブの熱量で説明します)
電気ストーブの場合、
1の電気を使って、1の熱量が発生します。これが、APF1.0ということです。
APF5.7の場合は、同じ1の電気を使った場合、5.7の熱量が発生します。
同様に、APF6.3の場合は、6.3の熱量が発生することになります。
APF6.3とAPF5.7 の差が、0.6ということは、
600Wの電気ストーブ 1台分の熱量の差があるということになります。

いかがですか、随分と大きな差であることが、わかると思います。

このように、省エネエアコンを比較する時には、このAPFといった数値を忘れないようにして下さい。